top of page

ご成約済情報

2024年モデル フォレストリバー社 ウルフパップ 17JW ブラックレーベル売約済

今までも人気のWolf 17シリーズが2024年モデルから車幅が広くなり、スライドを格納しても普通に使える!その様なことから益々人気が高まっております。

今回のオーナー様はヨーロピアントレーラーからのお乗り換えになり、17JWのスライドが格納しても使える!ということで最初からこのモデル一択でした。

多くの場合、ヨーロピアンの小型モデル(主に牽引免許不要サイズ)からスタートして、ヨーロピアンでサイズアップ。 その後使い勝手など検討してアメリカンに乗り換えるという方がほとんどでが、ここ最近、乗り換えのリスクを考えてある程度のアメリカンからスタートする方も増えて来ました。 実際のアメリカンを見ると『大きくて無理!』と躊躇される方もいますが、実際引いてみたら、すぐ慣れたという方も少なくないです。 トレーラー経験がある方は、7m~9m程度の全長、幅はワイドでも行けると思います。

初めての方は全長6m~8m未満がお勧めです。


アメリカンはヨーロピアンモデルに比べてお値段も高めです。 ヨーロッパのキャラバントレーラーとアメリカのトラベルトレーラーではそもそも目的も異なる為、本体の作りも、標準装備も異なります。 日本ではキャンピングトレーラーとひとくくりにされますが、ある程度別物と思ってください。


さて今回売約となった17JWはスライドアウト機能搭載モデルで、なんと言ってスライドを格納しても普通のトレーラーとして使えるところに最大の魅力があります。

写真で見ると狭そうですが、普通に通ることが可能です。


スライドを出せば!本領発揮(笑)

大人3人でもすれ違えます(笑)


豪華標準装備

なんと既にソーラーパネル備わっています。 もちろん電動タンジャッキ(ブラックレーベルのみ)、電動オーニング、外部シャワー、外部冷蔵庫、ガス式温水ボイラー(AC100V不要)、アルミホイール、など数多くの装備が価格に含まれています。

標準でルーフクーラーも備わっています。今まではアメリカンのルーフクーラーは日本では電力が足らなく使えない!とされ、家庭用エアコンなど別途追加しなくてはなりませんでしたが、弊社はこれをそのままに100V15Aで作動させることに成功しています。なので、見た目を損なうこと無く、しかも家庭用エアコン取付費用の半額ほどで可能です。

そう考えると、いくらベースのトレーラーが安くても、多くのオプションを必要とするヨーロピアンの方が高くなってしまう場合もあるんです。そういったところにも目を向けてください。


ウルフパップ17JW ブラックレーベルはこれで在庫車は無くなってしまいましたが、来年1月~2月には2台の入庫予定がございます。 たった2台しか入って来ません。!なぜならUSAでも売れているからです。 たった2台に日本中から問い合わせがきます。 

弊社は現車その物を販売しますので、輸入製品でもしっかり観て検討いただけます。そして納期もその分かなり早いです。 大変多くの方が狙っているモデルですから、ご購入を考えておられるお客様はお早めに行動してください。 車両詳細はこちら




閲覧数:196回0件のコメント

Comments


bottom of page